アンテベート軟膏を体中に出来た乾癬の湿疹治療用に処方してもらった

私は45歳の独身一人暮らしの男性です。

一年ちょっと前に皮膚科でアンテベート軟膏を処方してもらいました。

30歳前半から乾癬という皮膚病を患い、入浴や洗顔をサボるとすぐ肌に炎症を起こす体質になってました。

乾癬の症状の出る部分は主に顔の鼻翼やTゾーンといった皮脂分泌量の多い場所だったんです。

一年ちょい前にした怪我のせいで体中にも炎症が出来ました。

骨折を伴う怪我だったので、一人で入浴や洗髪は出来ない状態が続きました。

交際中の彼女が週2.3回来て体を濡れタオルで拭いてくれたり洗髪を手伝ってくれたんですけど、やはり自分でするのとしてもらうのとじゃ大違いです。

もともと毎日洗わないと乾癬の症状が出るほどだった上に、ちゃんと洗えないわけです。

怪我から一ヶ月後には頭皮湿疹、鼻翼とTゾーンに真っ赤な炎症、体にも真っ赤な炎症が出来ました。

触るとザラっとし、少しでもかくと周囲に炎症がバーっと広がっていくんです。

手の届く範囲内の肌は真っ赤に腫れ上がってました。

そこで皮膚科に行って診てもらったんですが、頭皮湿疹用・顔用・体用と三種類の塗り薬をくれました。

体用に処方してくれたのがアンテベート軟膏だったんです。

塗り薬処方時に、アンテベート軟膏は薄く塗り広げるようキツく指示されました。

先生の口ぶりから、塗りすぎると副作用が出るぐらいキツイ薬なんだなってわかりましたし、指示通り体に塗る時は高価な薬を使うような感覚で少量を塗り広げて使いました。

主な部分は腕、お腹、スネ、腰でしたが、自分で見えない部分(腰)は彼女にお願いして塗ってもらいました。

塗った初日と翌日はほぼ変化なし、三日目からちょっと炎症が引いてきたのが分かりました。

真っ赤に炎症してた部分が茶色に変化しだし、沈静化しだしたんです。

アンテベート軟膏を塗りだして一週間後になると、炎症箇所の見た目はほぼ普通の肌になってました。

肌触りはややザラついてましたが、10日後ぐらいにはザラつきもなくなり普通の肌まで回復しました。

ただ炎症の原因となった怪我が治って一人で入浴出来るようになるまで、治っては炎症を起こしのイタチごっこになってましたね。

アンテベート軟膏は炎症に効果はあるものの、炎症を起こさないようには出来ないようです。

怪我が治ってからはイタチゴッコもなくなり、今は肌荒れもなく平穏無事に生活出来てます。

(和歌山県 リッジーさん)

アンテベート軟膏市販




40代のホルモンバランスの乱れによるニキビの治療法

ニキビは若い世代の特有の悩みだと思っていましたが、そうではありません。

40代になり突然体の真ん中部分にニキビができ始め驚きました。

ニキビが消えては発生を繰り返していたので、思い切って皮膚科の診察を受けました。

するとホルモンバランスが乱れることでニキビや吹き出物ができることが判明しました。

また季節の変わり目に乾燥がひどくなる時には、その潤いを保とうと肌が体内から油分を出そうとする働きがあり、そのせいで毛穴がつまり、ニキビができることにもなるそうです。

ニキビの治療は基本的にその箇所を清潔に保つことが最優先です。

洗顔の回数を増やしたり、洗顔後ニキビのできている箇所をアルコールを含んだ化粧水で殺菌、消毒することも効果的です。

体にできたニキビは頻繁に洗浄することはむつかしいので、できれば皮膚科でぬり薬等を処方してもらうのがよいでしょう。

年齢のせいでホルモンのバランスが崩れたことが原因で発生したニキビに対しては、安易にホルモン剤を投与することはお勧めできません。

人間の体はその時々で体と心のバランスを調整する働きをもっているので、まずは食生活等からその崩れたバランスをもとの状態に整えてあげるよう工夫しましょう。

できてしまったニキビは触ったり化粧で隠したりせず、できるだけ自然に治癒するのを待ちましょう。

食事は油っこいものを避け、野菜中心の食生活を送るように心がけ、甘いものや刺激のある食べ物は避けるようにしましょう。

顔などどうしても目立つ箇所にニキビが出来てしまった場合は、白ニキビならつぶして膿を出してしまうのも手かもしれません。

白ニキビの膿は完全に全部排出しきるまで出しきれば大丈夫です。

ただし多少出血を伴うこともあるので注意が必要です。

(大阪府、suirenさん)

ニキビの塗り薬のダラシンTゲルはこちらから購入できます。⇒http://xn--xckr7jrbx232bnr2c.xyz/




しじみ習慣を飲んでお酒に強くなりました。

しじみ習慣は、しじみの栄養成分を凝縮したサプリメントです。

「昨日もまた飲みましたね?」という有名なテレビコマーシャルで同じみのサプリメントで、累計100万箱を売り上げている人気商品となっています。

しじみ習慣は、仕事などでお酒の付き合いが多い人やいつまでも元気でいたいと思っている人にとって効果を実感することができる商品です。

日本人が昔から伝承してきた、食を通して健康を実現するという知恵を今の時代に取り入れたもので、多くの大学などと共同研究を行っています。

しじみには様々な健康に良い成分が含まれています。

このしじみのエキスを凝縮したのがしじみ習慣です。

しじみ習慣は安全性にもこだわっています。

検査項目は150項目におよぶほど徹底した品質検査を取り入れており、安心して飲むことができます。

継続して飲むものですから、安心飲めるものであることは必要不可欠です。

私自身、実際にしじみ習慣を飲むようになって3年ですが、しじみ習慣を飲み続けてよかったとおもっています。

私は仕事でもお酒のお付き合いが多いのですが、個人的にお酒が好きなこともあり、仕事以外でもお酒を良く飲んでいます。

このため、健康にはあまり自信がなかったのですが、しじみ習慣を飲むようになってからお酒の影響をあまり受けなくなったような実感があります。

また、体が疲れにくくなったので朝起きるのも辛くなくなりました。

同世代の仲間にも元気になってもらいたくてしじみ習慣を紹介しています。

(岐阜県 カズさん)




パパウオッシュの洗顔パウダーは使い心地がとても良いです

私が使ってみて、ニキビに効果のあった洗顔料があります。

パパウオッシュの洗顔パウダーです。

白色の粉にお水を足して、しっかりと泡立てます。

クリーム状の泡がすぐにできるのです。

触った感じもとても気持ち良い泡なのです。

つっぱらずにいい仕上がりになるととても評判が良いのです。

私はニキビにとても困っていた時、このパパウオッシュの洗顔パウダーのサンプルをもらいました。

それを使ってみた時、匂いと洗い上がった感じがとても好きになったのです。

すぐに私は現品を買ったのです。

するとほっぺたにいくつもできていた、ニキビが少しずつ消えていったのです。

いつもは、もっとひどくなって炎症を起こしたり膿んでしまったりしました。

でもこのパパウオッシュの洗顔パウダーを使い始めて見たら、そんなにもひどくなる事はなくなったのです。

それどころか、ニキビができにくくもなってきました。

あの匂いに包まれながら洗顔をしていると、とてもいい気持になれます。

そしてあのクリーム状のきれいな泡が、私の肌をきれいにしてくれたのです。

ざらつきのない肌になれて、ニキビも減ってきました。

全部このパパウオッシュのおかげです。だから是非おすすめしたいのです。




嫌なニキビ跡にはピーリングのパックと美白化粧水

中学生にニキビは付き物で、それはそれで若い証拠とすればいいのですが、困るのはその後の処理です。

思春期時期を過ぎても悩まされるニキビ跡。

本当に厄介です。

女性として成熟し、素敵な男性を見つけて恋愛をしていきたい大切な時期に、ニキビ跡が邪魔するのですから。

実際、「あいつ肌がボロボロだから無理」って、告白してきた女の子について話している男子の言葉を耳にしたことがありました。

男性の目からも、女性の肌って大切なんです。

やはり、パーツがぱっとしてなくても、お肌がツルツルの陶器のようだったり、透明感があったりするだけで、男受けはかなり上がります。

その為、私もニキビ跡とかなり格闘してきました。まずは美白です。

美白の化粧水乳液、美白クリーム、美容液、とにかく「美白」と書かれているもの全てを手当たり次第に使用しました。

すると、確かに肌の明るさはワントーン上がった気はしたのですが、赤く残ったニキビ跡は消えません。

それで、まだ若いうちにいいのかなと
思いながらも、シミ消しに使用するクリームも塗りました。

それにより肌が荒れても嫌なので、ピンポイントで、顔の目立たない部分から塗ってみたのです。

すると、数ヵ月すると少し色が薄くなってきたように感じました。

さらに、ピーリングのパックを使って、古い角質も除去して、美白化粧水も併せて使用します。

すると、自然とニキビ跡が目立たなくなってきました。

毎日の努力の賜物です。

(北海道 ゆーこさん)

ラミシールの通販サイト